金沢市立中村記念美術館

 当館は金沢で酒造業を営み、実業家、茶人として活躍した中村栄俊(1908~1978)氏が、収集した茶道具を主とする美術工芸品をもとに昭和41年に設立した美術館です。昭和50年に金沢市立となり、平成元年に新館を開館、現在にいたっています。所蔵品は、中村氏収集の茶道具、近世絵画、古九谷などの鑑賞陶磁、加賀蒔絵などの金沢の伝統工芸を主に、金沢市立となってから収集された作品が加わり約千点を数えます。中には重文5点、県指定文化財1点、市指定文化財8点が含まれます。これらを年4~6回の企画展で公開しています。また、館主催の茶会、聞香席、友の会主催の講演、旅行、茶会など多彩な行事を開催しています。詳しくはホームページをご覧ください。

教室(お茶会・サークル)名 金沢市立中村記念美術館
住所 〒9200964
石川県金沢市本多町3-2-29
電話番号076-221-0751
営業時間9:30~17:00
休業日12/29~1/3

特徴

 当館の付属施設、旧中村邸、茶室「耕雲庵」、茶室「梅庵」は、事前のお申し込みにより茶会、句会、香会や生花の展覧会などに有料でご利用いただけます。
 また、当館の主催により「親子で楽しむ茶道入門」(耕雲庵・7月)、「友の会茶会」(耕雲庵・11月)、「春の市民茶会」(旧中村邸・春分の日)などの茶会を開催しています。詳しくは、ホームページをご覧ください。

お客さまからの金沢市立中村記念美術館への口コミ(全0件)

  • 口コミ募集中です。あなたも投稿してみませんか?